月別アーカイブ: 2017年3月

こんなにいるんだなぁと驚いた管理場にて無事再会!

先日、行きつけのスーパーでうっかり自分の自転車を停めてからそのまま放置してしまいました。

放置のいきさつは事情があってのことでしたが、どういう事情であれ、放置には違いないので自転車のことに気が付いたときは最後にスーパーに停めてから数日ほどが経っていたので撤去されたかなぁと憶測しつつお店に問い合わせてみると、どうやらその確率が高いようでした。

お店の敷地内である駐輪場一帯をひと通り探してみたところ、やっぱりそれらしき自転車は見当たりません。
そこでその旨を夫に伝えると、「ああそれならお役所の方に問い合わせて確認してみた方がいいよ、多分お役所のトラックが持ってったと思う」との助言。
実際放置自転車が、自治体の名前の書かれた大きなトラックに乗せられて運ばれていく様子を見たことが私自身にもありました。
でもまさか自分の自転車が撤去されることになるとは笑という感じでしたが、とりあえず今自転車がどこにあるのかだけでも明らかにさせたかったので、夫の助言をもとに自治体の交通安全対策課の方に問い合わせてみると、私が自転車を買ったときにお店でもらった防犯用の登録番号と、自治体の方で管理していた私の自転車番号が見事に一致したためすぐに管理駐輪場の方へ赴くことができました。

こういうときのためにもやっぱり登録番号の書かれた書類関係をちゃんと取っておいて正解です!
管理駐車場に着くやいなや、街のあちこちから撤収された数々の自転車やらバイクやらが目の前にギッシリと並んでいるのを見てこんなにいるんだなと驚いてしまいました笑。
市の方も撤去作業大変だろうなと思いましたが、運んできたものに日付や番号をつけて管理したりという一連の「町の働き」の一部をここでもまたこういう形で見たことでもあったので、反面また町って凄いよなぁと感心した瞬間でもありました。

どうやら最後に自転車を停めてから二日後にここの管理場にへ移動されたことが判明し、ズラリと並んだ自転車の中から私の比較的新しい自転車は「あった!」とほぼ一瞬ですぐに見つけることができました。

管理料金の支払いを済ませると、ご迷惑をおかけしてしまったのは私の方であるにも関わらず、自転車返還の際に担当の方がご丁寧にも私の自転車に油を差してくれました。
ともあれ、二千円ほどの管理料金という軽い経済的ダメージだけで済み、放置のことに気づいた翌日という早さで意外にもすんなりと自転車が無事に帰ってきたのでよかったです。

悪気はなかったとはいえ今後はうっかり放置を改めていかないとですね。
それもこれも夫の助言のおかげなので感謝しています。おかげさまで生活の脚である自転車と再会できました。

取りに行った帰りにどうせのついでなので、定期メンテとして買い上げたお店で無料の空気入れをしてもらって自転車を労わりながら無事家路に着いた私でした。