月別アーカイブ: 2017年8月

希望にピッタリなハウスメーカーを北海道ろうきん住宅ローンで

結婚してから賃貸マンションに住んでおりました。2年ほど住んだところで第1子を授かり、これを機にマイホームの購入を考えることになりました。

幸い、親の土地がありますので、ハウスメーカーさんに注文することになりました。ハウスメーカーカタログを集めて、その中から、三社ピックアップしました。まずは各ハウスメーカーさんと相談させてもらいました。バイヤーの方がとても親切にこちらの希望を聞いてくださいました。子供が産まれるということで、自分には、想像の出来ない生活が始まります。バイヤーの方は子育ても経験された女性の方でしたので、様々な案を捻出してくださいました。三社どこも、魅力的でしたが、少し購入金額に差がありました。

これから、出産、育児にも、費用がかさみますので、なるべく住宅ローンが負担にならないように、1番買いやすいお値段のハウスメーカーに決めました。ハウスメーカーさんの建てられる家は床の色や壁紙の色も、選ばせてくださいました。

それから住宅ローンについても調べ始めました。
気になる北海道ろうきん住宅ローンも聞きに行きました。

低金利時代に突入!住宅ローンを組むなら今がチャンス

近年の不景気を背景に、お金の回転数を高めるために金利を下げ、お金を借りやすくする「ゼロ金利政策(マイナス金利との表現もあり)」がしかれています。実際に、金利が0%というわけではありませんが、極めて低い状況になっています。これは、我々が銀行に預金する際の金利も低くなるという意味もあり、普通預金で基本、0.02パーセントの金利しか付きません。

また、借入に関して、最大40%に近い金利を取っていたカードローンも現在は18%にまで下がっています。さらに住宅ローンに関しては、過去トップクラスの低金利を実施しています。このような傾向は景気が低迷している時は継続されるかもしれませんが、景気が上向きになると引き締められ、金利が上がると言われています。

住宅ローンを組む際には変動金利と固定金利の二つがあることに注意する必要があります。変動金利とはその年の政策金利と連動して、貸出金利も変動する性質を持つローンです。一方、固定金利と金利をはローン契約時の金利に固定する性質も持つローンです。つまり、現在のような低金利の時代にローンを組めば、その低い金利のまま継続することができるのです。

日経平均が2万円代に突入し、景気の上振れが見受けられる2017年。さらに景気が回復し、金利が上昇する前に、住宅を購入する計画のある方は早めに検討されることをお勧めします。