「Uncategorized」カテゴリーアーカイブ

住宅ローン返済計画で失敗しないためには

住宅は一生ものの買い物。後悔しないよう、良いものを購入したいものです。
そして、住宅を購入するときに避けては通ることができないのが、住宅ローンの問題。将来、ローンを支払えず困ったことにならないよう、無理のない返済計画を立てる必要があります。

支払いが滞ってしまった場合、裁判所に個人再生を申し立てて認可決定をもらえば住宅を手放さずに済むのですが、支払い不能に至った事情等によっては個人再生の条件に当てはまらず、申し立てができない場合もあるのです。「自分には関係ない話」と思わないで、万が一のことを考えて計画を立てることが肝要です。

住宅ローンはろうきん(労働金庫)をはじめ、多くの金融機関が取り扱っています。独自のプランを提供している金融機関も多いので、まずは資料を集めてじっくりと検討しましょう。レビューや口コミを参照するという手も。できるだけ高水準のサービスを提供してくれる金融機関を見定め、まずは相談から始めてみてはいかがでしょうか。
満足度の高い金融機関に出会えるといいですね。

またもしかすると将来2件目も考えることがあるかもしれませんので、そういう時はセカンドハウスローンはフラット35がおすすめです。

ろうきんの住宅ローンについて

当社の住宅ローンについて簡単にご説明を致します。
お使いみちは、自己居住用の住宅・宅地の購入、新築、増改築のリフォーム資金となります。
ご融資金額は、最高1億円、ご融資期間は最長35年となります。
ご返済方法は、元利均等毎月返済、または、元利均等毎月加算併用返済となります。

当ろうきん指定の保証協会に加入していただきます。ご夫婦で連帯債務の場合は、夫婦連生団信に加入していただくことをお勧めいたします。。
ご融資対象物件には第一順位の抵当権を設定させていただきます。
団体信用生命保険は、2つのタイプからお選びいただけます。

担保価値である担保物件には、お客様指定の保険会社の火災保険をお付けいただき、当ろうきんを質権者とする第一順位の質権を設定させていただきます。
また、その他の不動産取り扱い手数料等については、提携先の団体様には優遇金額となっておりますので、詳細についてはお問い合わせください。
ご不明な点は、当ろうきんの窓口まで、お問い合わせください。

住宅を購入する際に忘れてはならない登記のこと

住宅ローンを設定するうえで、固定金利を選ぶか変動金利を選ぶかについては、地域性や県民性が見られるようですが、ここでは住宅の購入時や完済時に一様に必要となる登記について説明しましょう。

例えば、新築の一戸建住宅を購入した場合であれば、土地については所有権移転(売買)登記が、建物については表題登記と所有権保存登記が必要。中古の一戸建住宅またはマンション(土地付き)を購入した場合であれば、土地建物について所有権移転(売買)登記が必要です。
また、住宅ローンを利用すれば、土地建物を担保として、抵当権または根抵当権が登記されますので、完済すればそれらの抹消登記が必要となります。
住宅ローンについては、ろうきんをはじめ多くの金融機関等が相談会を開催していますので、日ごろから疑問点を整理しておき、そういった機会を活用して聞いてみるのも一案です。

住宅の購入は人生における一大イベント。「いい買い物をした!」と思えるよう、よくよく考えたいものですね。

希望にピッタリなハウスメーカーを北海道ろうきん住宅ローンで

結婚してから賃貸マンションに住んでおりました。2年ほど住んだところで第1子を授かり、これを機にマイホームの購入を考えることになりました。

幸い、親の土地がありますので、ハウスメーカーさんに注文することになりました。ハウスメーカーカタログを集めて、その中から、三社ピックアップしました。まずは各ハウスメーカーさんと相談させてもらいました。バイヤーの方がとても親切にこちらの希望を聞いてくださいました。子供が産まれるということで、自分には、想像の出来ない生活が始まります。バイヤーの方は子育ても経験された女性の方でしたので、様々な案を捻出してくださいました。三社どこも、魅力的でしたが、少し購入金額に差がありました。

これから、出産、育児にも、費用がかさみますので、なるべく住宅ローンが負担にならないように、1番買いやすいお値段のハウスメーカーに決めました。ハウスメーカーさんの建てられる家は床の色や壁紙の色も、選ばせてくださいました。

それから住宅ローンについても調べ始めました。
気になる北海道ろうきん住宅ローンも聞きに行きました。

低金利時代に突入!住宅ローンを組むなら今がチャンス

近年の不景気を背景に、お金の回転数を高めるために金利を下げ、お金を借りやすくする「ゼロ金利政策(マイナス金利との表現もあり)」がしかれています。実際に、金利が0%というわけではありませんが、極めて低い状況になっています。これは、我々が銀行に預金する際の金利も低くなるという意味もあり、普通預金で基本、0.02パーセントの金利しか付きません。

また、借入に関して、最大40%に近い金利を取っていたカードローンも現在は18%にまで下がっています。さらに住宅ローンに関しては、過去トップクラスの低金利を実施しています。このような傾向は景気が低迷している時は継続されるかもしれませんが、景気が上向きになると引き締められ、金利が上がると言われています。

住宅ローンを組む際には変動金利と固定金利の二つがあることに注意する必要があります。変動金利とはその年の政策金利と連動して、貸出金利も変動する性質を持つローンです。一方、固定金利と金利をはローン契約時の金利に固定する性質も持つローンです。つまり、現在のような低金利の時代にローンを組めば、その低い金利のまま継続することができるのです。

日経平均が2万円代に突入し、景気の上振れが見受けられる2017年。さらに景気が回復し、金利が上昇する前に、住宅を購入する計画のある方は早めに検討されることをお勧めします。

こんなにいるんだなぁと驚いた管理場にて無事再会!

先日、行きつけのスーパーでうっかり自分の自転車を停めてからそのまま放置してしまいました。

放置のいきさつは事情があってのことでしたが、どういう事情であれ、放置には違いないので自転車のことに気が付いたときは最後にスーパーに停めてから数日ほどが経っていたので撤去されたかなぁと憶測しつつお店に問い合わせてみると、どうやらその確率が高いようでした。

お店の敷地内である駐輪場一帯をひと通り探してみたところ、やっぱりそれらしき自転車は見当たりません。
そこでその旨を夫に伝えると、「ああそれならお役所の方に問い合わせて確認してみた方がいいよ、多分お役所のトラックが持ってったと思う」との助言。
実際放置自転車が、自治体の名前の書かれた大きなトラックに乗せられて運ばれていく様子を見たことが私自身にもありました。
でもまさか自分の自転車が撤去されることになるとは笑という感じでしたが、とりあえず今自転車がどこにあるのかだけでも明らかにさせたかったので、夫の助言をもとに自治体の交通安全対策課の方に問い合わせてみると、私が自転車を買ったときにお店でもらった防犯用の登録番号と、自治体の方で管理していた私の自転車番号が見事に一致したためすぐに管理駐輪場の方へ赴くことができました。

こういうときのためにもやっぱり登録番号の書かれた書類関係をちゃんと取っておいて正解です!
管理駐車場に着くやいなや、街のあちこちから撤収された数々の自転車やらバイクやらが目の前にギッシリと並んでいるのを見てこんなにいるんだなと驚いてしまいました笑。
市の方も撤去作業大変だろうなと思いましたが、運んできたものに日付や番号をつけて管理したりという一連の「町の働き」の一部をここでもまたこういう形で見たことでもあったので、反面また町って凄いよなぁと感心した瞬間でもありました。

どうやら最後に自転車を停めてから二日後にここの管理場にへ移動されたことが判明し、ズラリと並んだ自転車の中から私の比較的新しい自転車は「あった!」とほぼ一瞬ですぐに見つけることができました。

管理料金の支払いを済ませると、ご迷惑をおかけしてしまったのは私の方であるにも関わらず、自転車返還の際に担当の方がご丁寧にも私の自転車に油を差してくれました。
ともあれ、二千円ほどの管理料金という軽い経済的ダメージだけで済み、放置のことに気づいた翌日という早さで意外にもすんなりと自転車が無事に帰ってきたのでよかったです。

悪気はなかったとはいえ今後はうっかり放置を改めていかないとですね。
それもこれも夫の助言のおかげなので感謝しています。おかげさまで生活の脚である自転車と再会できました。

取りに行った帰りにどうせのついでなので、定期メンテとして買い上げたお店で無料の空気入れをしてもらって自転車を労わりながら無事家路に着いた私でした。